Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/ytcpdhek/public_html/xn--tckue851im4cnvv6rdnz0c.com/detective/wp-content/plugins/export-to-text/export-to-text.php on line 403
6・FC系とポスター系の探偵 | 愛知名古屋探偵探偵口コミ・探偵徹底比較

6・FC系とポスター系の探偵

FC(フランチャイズ)系の探偵社

ここで言うFC系の探偵社とは、フランチャイズ契約を行うことで、事実上、全国各地に支店を置いている探偵社のことである。

支店として契約した者が、フランチャイズの本部へ上金を収める仕組みになっているため、本部の収益性は高いと言える。

支店はフランチャイジー(フランチャイズチェーンにおける、チェーンストアの一つを任された人)なので実質は個人探偵である。

フランチャイジーを下請け探偵として使っているので、本部の立場から見ると、支店の維持コスト(事務所の維持費や人件費など)が掛からない事がメリットである。 下請けとフランチャイジーの、美味しい所を本部は上手く吸い上げる仕組みになっている。

本部と支店の屋号は同じだが、支店(フランチャイジー)は全て個別の組織(個人探偵や株式会社化した別の探偵)なので、顧客の目線で言うと、本部とは別の探偵と契約した事になる。

FC系探偵のK君による所感

▲  もし、なんらかのトラブルが起きても、本部が責任を持ってくれるとは限らない。

▲  本部とフランチャイジーの調査レベルは本当に同じか疑問。

▲  探偵と言う非ルーチン(様々な工程の多い不規則的)な仕事をFC化するのは如何なものか?

▲  支店と契約するという事は、ほとんどの場合、個人探偵と契約することになる。

◎  もし優良な支店探偵(個人探偵)や、本部の一部のしっかりした探偵が調査を行った場合は、調査が上手く行くこともある。

〇  クレームやトラブルの話しを、あまり聞かない。

街頭ポスター広告系探偵

ここで言う街頭ポスター広告系探偵とは、あちこちに広告ポスターを配置して集客をしている探偵のことである。

これは昔からある「広告スタイル」だが、そのポスターには会社や事務所の所在地が何処にも明記されていないものが多い。

また、屋号と運営会社名を別にしているので、だれが経営しているのか分らない。 実態を明らかにしていない探偵もある。 電話番号はフリーダイヤルで「0120」(フリーダイヤル)だけなので、実際の所在地も分からない。

例えば、ファミリー調査事務所は、本部以外の住所地は一切記載されておらず、フリーダイヤルだけを記載している。 これは、言い換えれば、ポスターが支店の役目を果たしている究極の「ブローカー探偵」スタイルではないか?。

街頭ポスター系探偵のK君による所感

×  街頭ポスター系の探偵は、典型的な下請け探偵を使うスタイル(ブローカー探偵)と言っていい。

×  本社がどこかわからない為、問題が発生してもクレームを入れられない可能性がある。

▲  ブローカー探偵スタイルなので、技術があるとは言い切れない。

▲  消費者から見て不明な点が多い形で集客している事については、企業モラルが高いとは言えない。

▲  経営実態も、はっきりさせていない。なぜ隠すのか? 何か後ろめたい事でもあるのか?