4・株式会社系の探偵社と興信所

ここで言う株式会社系の探偵社とは、任意団体や社団法人等ではなく株式会社の法人格を持っている探偵社の事である。浮気調査以外(中には浮気調査に力をいれている探偵社もあるが)の調査、すなわち、法人調査や企業調査、弁護士事務所の法律事案などを主に取り扱っている調査会社が該当する。

株式会社系の探偵社の組織

調査員(探偵)の他に営業部門や総務部門などを置き、一般の会社と同じような組織であると言っていい。 大きく分けて営業部門と調査部門があり、営業部門が受注してきた調査事案を各調査員(下請け探偵も含む)に振り分ける事で、品質を安定させている。

従業員数が多い事業所では50名以上の職員が働いていたり、売上高が数億円以上であるなど、上場企業なみの探偵社もある。

株式会社系の探偵社・調査会社は、都心部に本社や支店を設けている。

インターネット広告を盛んに打たないのも特徴。その代わりに、営業マンが存在している。法人顧客からの依頼に特化している探偵社もある。

下請けを使わず、どこの業界団体にも属さない独立系調査会社も存在している。独自の情報収益能力を持ち高度な調査を行う会社も、数は少ないが存在する。また、複数の企業と顧問契約を締結し、弁護士事務所並みに顧問先を保有している探偵社もある。

K君による所感

◎  調査結果と料金のバランスが良ければ利用する大いに価値はある。

◎  数は少ないが、独立系のしっかりした会社の場合高度な調査が期待できる。

◎「ちゃんと」した事務所を構えた探偵や興信所ほど信頼できる傾向がある。 (例えば、大手企業や弁護士事務所などが入居しているテナントビルに入居している探偵社は◎)

◎  調査員の若返りが出来ていれば、安定した調査が期待できる。

◎  優秀な株式会社系の探偵社はリスクマネジメント契約や企業と顧問契約を締結している。

×  料金が高額な探偵社はNG(アウトプットとのバランスが合わない調査料金)。

×  時間性で料金を請求してくる探偵社もある。