探偵ランキングの秘密。どうして探偵ランキングが沢山あるの?

愛ちゃん探偵を比べようと思って検索すると探偵社をランキングしてるサイトが色々出てきます。探偵社を1位、2位、3位、というようにランキング付けしているページって、何か不思議だと思いませんか? どうしてランキングを作るんでしょ? 誰にどんなメリットがあるのかしら?

どうして同じ探偵ばかりランキングに出てくるの?

探偵ランキングのサイトを並べてみると、色々なランキングの中身として、原一探偵事務所、総合探偵社TS、HAL探偵社、総合探偵社アムスなど、ごく少数の探偵社の名前ばかりがよく出てくるんだけど、どうしてかしら?

数年前の資料ですが、警察庁がまとめた探偵業の概況というレポート( https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/statistics/H28_tantei.pdf )を見ると、平成28年末の時点で探偵業の届出業者数は日本全国で5691件あるそうです。そのうち4151件は個人の探偵で、1540件は法人の探偵だそうです。しかも毎年約600件くらいの新規の探偵の届出があるそう。数字だけ見ると、日本は探偵だらけっていう感じね。

個人と法人と併せて、探偵の主たる営業所数は5169もある。大手の探偵社から仕事をもらっている下請けの探偵も少なくないらしいので、私たち消費者が知ることができる探偵事務所の名前は5千もないでしょうけれど、探偵ランキングに出てくる探偵事務所の数はとても少ない。はっきり言って、少なすぎます。しかもランキングに出てくるのは同じ探偵社ばかりで、とても偏ってます。なんか変だと思いませんか? 探偵ランキングって信用できるのかしら?

どのランキングサイトも一見すると中立の立場を装った説明がされているけど、本当に中立でしっかり調べているのなら、もっと沢山の探偵社が比較されているのが自然です。少数の探偵社の名前だけしかランキングに出てこないのは、とても変。どうしてこんなに偏っているの? 何かカラクリがあるんじゃないの?

探偵ランキングの例

ちょっと調べただけで、こんなランキングサイトが見つかりました。

サイト1位2位3位4位5位6位実態運営者
探偵事務所ランキング
https://tantei-uwaki.jp/category86.html
原一探偵TS探偵HAL探偵イズム探偵アムス探偵 アフィリエイト不明
浮気スナイパーの探偵・興信所比較口コミ評判ランキング
https://www.uwakichousa.link/
原一探偵ALG探偵HAL探偵アムス探偵あい探偵  アフィリエイト 不明
https://探偵口コミ評判.com/TS探偵イズム探偵原一探偵アムス探偵HAL探偵さくら幸子アフィリエイト   不明
はじめての人のための失敗しない探偵の選び方
https://detectivex.net/
原一探偵  HAL探偵  FUJIリサーチ TS探偵 イズム探偵  アムス探偵アフィリエイト   不明
 【決定版】探偵事務所ランキング
https://tantei-style.com/
原一探偵  TS探偵  HAL探偵  イズム探偵    アフィリエイト 不明
探偵比較ナビ
https://ore-tantei.info/
中部地方を選択
アムス探偵原一探偵イズム探偵TS探偵響AgentMIRAI探偵アフィリエイト 不明
探偵比較
https://探偵で浮気調査.com/kodawari/
HAL探偵原一探偵アムス探偵   アフィリエイト  不明
浮気調査の探偵事務所人気ランキング
https://urayomi.net/page-1197/
原一探偵MR探偵HAL探偵響Agentタントくん アフィリエイト   不明

これらは、ほんの一例です。ネットで検索すると、上記の他にも探偵ランキングのページは沢山見つかるわよ。

探偵ランキングって怪しいんじゃない?

探偵ランキングは、どれもこれも運営者が不明です。たぶん個人でやっている人が多いから、運営者として個人情報を載せたくないっていう事情があるんでしょう。それはともかく、順位付けや点数付けの基準が不明で、1位、2位、3位なんていうランキングをしてるサイトが沢山あるのはなぜかしら? ランキングの作者にどんなメリットがあるのかしら? 真相や裏事情を知りたいと思って、ネット広告に詳しい広告代理店の人に色々質問をして、教えてもらったら、驚きの真実が見えてきました。

探偵ランキングのサイトは、探偵社が自作自演で自社を高評価しているものもあるらしいけど、アフィリエイトを目的として作られたものが圧倒的に多いのだそうです。

アフィリエイトと言うのは、広告のようなもので、自分のブログやホームページの訪問者を業者のサイトへ誘導すると、後から報酬がもらえるという仕組みだそうです。探偵ランキングのサイトへ来た人が、掲載されている探偵社のホームページへ移動して、問い合わせや無料相談の申し込みなどをすると、ページの作者へお金が支払われるのだそうです。
しかしページを訪れた人にはそんな裏事情は全く知らされません。
一見すると純粋に中立的な立場で探偵社を評価して薦めているように見せかけているけど、実際には裏で支払われるお金がからんでいるの。

探偵ランキングって、どうやって作られているの? 
1位~5位くらいまでしかないのは、なぜ?

広告代理店の人の話によれば、探偵ランキングの作者は、まずアフィリエイトの仲介業者のサイトに会員登録をします。その中では会員向けにアフィリエイト広告が沢山紹介されていて、その中に探偵社が5社~10社くらい含まれているんだとか。探偵ランキングの普通の作者は、そこで見つけた探偵社だけを適当に並べてランキングを作るんだそうです。探偵ランキングに少数の探偵社だけしか掲載されていない理由はこれだったのね。そもそも、アフィリエイトをやっていない大部分の探偵社は、探偵ランキングのサイトの取り扱い対象外ってこと。だから探偵ランキングの中身はとても偏った内容になるわけ。

アフィリエイターの中でも強者は、複数の仲介業者のサイトで見つけた探偵社を混ぜてランキングを作る人もいて、そういう場合は、アフィリエイトのサイトに掲載されている探偵社の数が増えるそうよ。それでも、せいぜい10~15社くらいまで。結局、日本全国に多数ある真面目な探偵社はランキングから除外されているわけ。

もし探偵ランキングで探偵社を沢山並べても、訪問者は1位~3位くらいの探偵しか利用しないでしょうから(だってランキングで10位とか評価の低い探偵に申し込みたい人っていないでしょう?)、アフィリエイターの立場から見れば、長いランキングを作っても手間ばかり増えて収入には結び付きにくいという事情があるそうです。だから探偵ランキングは1位~3位までとか、1位~5位までとか、そんな感じにまとめられる場合が多いわけ。

いくら位の裏金が動いているの?

驚いたのは、広告に詳しい人から教えてもらった、探偵ランキングで使われているアフィリエイトの報酬の金額です。多くの探偵社は、無料相談申し込み1件について報酬いくらと決めているそうです。

消費税8%込みのアフィリエイト報酬の金額は、1件につき、
原一探偵事務所 10800円
総合探偵社MR 11880円
アイヴィ・サービス 11880円
ヒューマン探偵事務所 11868円
街角相談所 12461円
響・Agent 15120円
FUJIリサーチ 15643円
HAL探偵社 11880~16600円
さくら幸子探偵事務所 11880~17280円
探偵さがしのタントくん 15120~17000円
総合探偵社TS 15120~17280円
イズム調査事務所 15120~17280円
総合探偵社アムス 15120~17280円
リッツ横浜探偵社 17280円
東京探偵社ALG 16200~18276円
あい探偵 20399円

金額に巾があるのは、複数のアフィリエイトプロバイダー(仲介業者)を使っていて、仲介業者ごとに報酬金額が少し違う場合があるからだそうです。

探偵ランキングのページを作ってアフィリエイトをしている人(アフィリエイターと呼ばれる人)は、自分のページを訪れた人を原一探偵事務所へ誘導すれば、1件につき、10800円が支払われる、街角相談所へ誘導すれば12461円が支払われる、響Agentへ誘導すれば15120円が支払われる、 HAL探偵社へ誘導すれば16600円が支払われる、総合探偵社アムスへ誘導すれば17280円が支払われる、 東京探偵社ALGへ誘導すれば18276円が支払われる、あい探偵へ誘導すれば20399円が支払われるということ。
だから探偵ランキングのページを作ろうとする人が多数出現するわけ。

これらアフィリエイト報酬の金額は、探偵社から見ると広告宣伝費なので、形を変えて探偵の利用者への請求金額に含まれることになるわ。結局は探偵の利用者のお財布から支払わされることになるの。
それは1万円~2万円では済まないはずだわ。アフィリエイトサイト経由で無料相談をした人の全員がその探偵と契約をするとは限らないでしょ。もし3人に一人しか契約に至らないとすれば、3回分のアフィリエイターへの報酬を一人の契約者に負担させないと、その探偵は赤字になってしまいます。その場合なら、たぶん3倍の3万円~6万円くらいを一人の契約者が負担させられる事になるんでしょうね。アフィリエイトをやっている探偵社って罪な感じだわ。

アフィリエイトの報酬が1万円の原一探偵事務所が、報酬金額がより高い探偵社よりも上位にランキングされているサイトが多いのは不思議ね。それについて、広告代理店の人に質問してみました。

アフィリエイトをする人が探偵のランキングを作る時には、1位、2位、3位にする探偵社について、良さそうだと思わせるための説明文を考えて書くことになる。アフィリエイト仲介業者のサイトの中で見つかる探偵社の中で、人に薦めるための説明文を作者が書きやすい探偵社が1位、2位、3位に使われやすい傾向があるらしいわ。知名度が低くて、人に薦める口実を思いつきにくい探偵社は、報酬が高くてもランキングの上位には使いにくいということなんだそうです。

アフィリエイトには報酬金額だけじゃなくて各社それぞれ契約上の細かい条件や制約事項などの違いがあるそうで、アフィリエイターはその違いも考慮して順位を決める場合が多いらしい。たとえば、あちこちの探偵ランキングで1位に設定されている場合が多い探偵社は、下位に設定されている探偵社よりも、アフィリエイターの立場から見て報酬が支払われやすいのかもしれないそうです。

あちこちの探偵ランキングで同じ探偵社が1位にあるのは、ある程度は1位の探偵社が仕組んだことかもしれないという可能性も考えられるそうです。

探偵ランキングは、自作自演もアフィリエイトも、結局は一部の探偵社の思惑なの!

愛ちゃん怒る!

結局、アフィリエイトの探偵ランキングは、どの探偵社へ問い合わせをしてもページの持ち主にへ1万円以上の報酬が入る仕組みになっている。1万円の報酬は安い方で、1件あたり1万7千円とか2万円を出す探偵社もあるわ。探偵ランキングを経由して探偵社へ問い合わせた人が、後から真実を知ったら、きっと気分悪いわよ。

つまり、探偵ランキングは全てが有料の広告と同じ。でも広告には見えないから、真実を知ると、騙されていたような気分になるの。純粋な探偵比較じゃないから、1位、2位、3位というようなランキングを「良い順」と錯覚して信用しちゃダメ!

探偵ランキングのページは、そもそも中立的な立場で評価したものじゃない。アフィリエイトをやっていない探偵社はランキングの順位に入っていないし掲載されていないわ。世の中には沢山の探偵社があるけれど、アフィリエイトをやっていない探偵社が圧倒的に多いから、このようなアフィリエイトの探偵ランキングにおいては、大部分の探偵社は最初から除外されているの。とても偏った内容のランキングだから無意味です! アフィリエイトの探偵ランキングは、探偵の事を何も知らない普通の人を特定の少数の探偵社に誘導するための罠というか、誘導するための有料広告みたいなものなのね! 

これから探偵を選んで依頼をしようと思っている読者の皆さんは、探偵のランキングに騙されないように注意してね!
どの探偵ランキングがいいか、という事ではなくて、探偵ランキングは全て信用しないこと!

個人的には、アフィリエイトをやっている探偵社よりも、アフィリエイトをやっていない探偵社の方が好感が持てるわ。

この探偵の対応する調査カテゴリー

灰色は不明(未確認)で黒色は確認済みを表します。

浮気調査・不倫調査・不貞調査
身辺調査・素行調査
結婚前の相手調査
盗聴器・盗撮器の発見調査
人探し・家出・失踪・行方調査
各種鑑定(筆跡・指紋など)
企業の信用調査
個人の信用調査
反社チェック
資産調査・収入調査
借入金調査
裁判証拠収集
交通事故調査
嫌がらせ調査と対策
ストーカー調査と対策
いじめ調査と対策
結ばせ屋
別れさせ屋
復縁屋

各探偵社様から、対応しているカテゴリーをメールでお知らせ頂くと、灰色から黒色に変わります。お知らせ頂く際には必ず自社の探偵ホームページと同じドメインのメールで、へお願いします。ドメインが異なるメールは無視されます。原則、返信はいたしません。

7. 探偵の疑問
愛知名古屋探偵探偵口コミ・探偵徹底比較